So-net無料ブログ作成
検索選択

サンキストのオレンジがおいしいのは、防カビ剤のおかげ?! [食べ物]

スポンサード リンク





https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-05-GRU_roten-thumb-1000xauto-15439.jpg




サンキストから販売されている、輸入オレンジは、食品添加物である、防カビ剤を使用してることをご存知でしょうか?!甘くておいしいのは、それが理由でした!




日本は、アメリカ自動車電化製品の輸出をしていますが、アメリカ側からそれと引き換えに、輸入である、かんきつ類を提示してきました。



しかし、アメリカからの輸入されてくる、かんきつ類を農林省が調べたところ、なんと防カビ剤である、OPP(オルトフェニルフェノール)が入っていたことがわかりました。



このOPPは、食品添加物として、当時日本では、認められていませんでした。そのため、かんきつ類が、日本に輸入した時、海に捨てていたことがあったようです。



それを知った、アメリカ側は、激怒され、アメリカ大統領が日本にやってきて、OPPの使用を許可することを迫ってきました。



なぜ、OPPが必要かというと、長い船に乗って運ばれてくる、かんきつ類をカビからの発生を防いだり、腐敗しないようにOPPが必要であることを主張されました。



このOPPは、日本では、農薬として使用されるぐらい、毒性がとても強いものとなります。



しかし、当時日本では、電化製品や自動車を輸出するための引き換えとしての条件だったため、OPPの使用の許可を認めなければいけませんでした。



そして、防カビ剤であるTBZ(チアベンダゾール)も使用許可を認められました。これをきっかけに、サンキストから、オレンジやレモンなどが大量に日本へ輸入することになりました。



日本として、生きていくには、OPPやTBZを認めなければいけない、厳しい現実があったのですね。



現在では、スーパーや青果店などで、並ぶようになりました。そして、消費者は、知らず知らずに、危険な化学物質を取っていることになります。



OPPを大量摂取してしまうと、膀胱ガンが発生したり、肝臓障害になることがわかっています。また、TBZを大量摂取してしまうと、お腹の子供に催奇形性がでてしまうことも確認されています。



こういった、発がん性や催奇形性になることがわかったのに、アメリカからの輸入は、使用禁止となりませんでした。それは、日米の外交問題になってしまっては、日本が困るからだといわれています。



こういったことが起きてしまう、恐ろしいサンキストのかんきつ類ですが、果物を買うのであれば、無農薬栽培のものを買うのがやはりおすすめですね!!


スポンサード リンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。