So-net無料ブログ作成
検索選択

コンビニのおにぎりは、長時間保つための保存料が?! [食べ物]

スポンサード リンク






https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-05-C777_kodokunikonbinionigiriwotaberu-thumb-1000xauto-14872.jpg


コンビニ買い物に行くと、大量に並べられている、おにぎりですが、消費期限を長く持たせるために、保存料が使用されています。


今やコンビニは、たくさんできており、お腹が減れば、24時間営業であるため、何かを書くことができます。



コンビニに行くと、おにぎりは、必ず大量に陳列されていますが、おにぎりは、家で作ったり、お弁当屋さんで作られていたりなど、普通は、4〜5時間以内食べなければ、腐ってしまったりしてしまいます。



しかし、コンビニで販売されている、おにぎりは、長時間陳列しなければいけないため、保存料が使用されています。



おにぎりは、だいたい午前中に配達されています。午前中に配達されるおにぎりが、作られる時間帯は、午前の0時から4時までに製造されているようです。



消費者が一番購入される時間帯は、お昼と言われており、お昼までで、8時間経過されます。家で作られる、おにぎりだったら完全にアウトですね!



その後、お昼で余ったおにぎりは、消費期限がきれるまで、陳列され、最長27時間もコンビニで陳列されます。



おにぎりやごはんは、1日置いておくだけで、変質や腐敗してしまいます。しかし、これを防ぐために、コンビニでは、保存料である、食品添加物をしようされ、微生物の増殖を抑えるために使われています。



また、おにぎりの種類によっては、保存料の種類も変わっており、ポリリジンを使用したり、亜硝酸ナトリウム、タール食素など使用されています。



「ポリリジン」は、鶏五目やわかめごはんなどに使用されており、放線菌の培養液から分離した成分であり、毒性を持っていることが考えられて言います。



「亜鉛酸ナトリウム」は、鮭やたらこ、明太子などに使用されており、急性毒性が強く、発がん物質を発生させると言われています。



「タール食素」は、たらこの変色しないように防止剤として使用されています。



おにぎりの種類によって、保存料が使用されていますが、やはりどれも人間の体に悪影響になることは、間違いないです。発がん物質になってしまうのであれば、添加物を含む食品は、とらないほうがいいですね。



ほかにも、昆布やシーチキン、カツオなどにも、調味料やカラメル色素、酸味料などが使用されており、これらを大量に摂取してしまうと、痺れがきたりしてしまう恐れがあるようです。



どこのコンビニも、食品添加物は、使用しているので、おにぎりを食べたいのであれば、家で作るおにぎりが一番かもしれないです。最近では、無添加のおにぎりも発売されていますので、それならまだいいかもしれないですね!!





スポンサード リンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。