So-net無料ブログ作成
検索選択

味の素を使うと味覚がおかしくなる?! [食べ物]

スポンサード リンク






https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-05-N934_karutewomitekangaerudr-thumb-1000xauto-14327.jpg



味の素の使用うま味調味料として、グルタミン酸ソーダ(MSG)が使用されています。しかし、これは、毒性で、有害なものだったのです。


MSGを摂取してしまうと、神経細胞の損傷や破壊が起こることがわかっています。そして、脳細胞までを破壊するとても危険な調味料になります。



また、脳生理学の分野では、MSGのことを「神経興奮毒物(ニューロ・トクシン)」と呼ばれています。



脳には、脳関門としての関所があり、有害物質の侵入がないように保護機能があります。しかし、出生児は、この関所としての保護機能が動いておらず、味の素を摂取してしまうのは、未成塾脳を直撃してしまいます。



この、脳関門ができるのは、3歳ごろと言われています。なので、乳幼児には、絶対に与えてはいけない調味料になります。



人間に一番影響を与えてくるのが、グルタミン酸塩になります。グルタミン酸塩は、血中グルタミン酸濃度を15〜20倍ほどにもあげると言われています。



フィリピンでは、味の素を使用しているのが、野良犬を保護するときに使用していると言われています。エサに、味の素をふりかけて広場に置いておき、野良犬がエサを食べていると、だんだんと足がふらつき始めてきたところを、捕まえるようです。



また、日本でも暴力バーとして、ホステスがお客さんに、お酒を入れるときに、味の素をふりかけ、
酔わして、お金を奪う事件もありました。



味の素の急性神経独裁は、危険なことは、誰でも知っていることがわかりますね。味の素は、うま味調味料というより、悪魔の調味料かもしれないですね。



味の素を摂取することで、脳損傷破壊してしまい、さまざまな副次症状が引き起こってきます。例えば、甲状腺や副腎などの重量低下、ホルモン類の著しい減少、不妊など引き起こるといわれています。



MSGの有害は、内分泌錯乱化学物質(環境ホルモン)の作用があるのではないかと言われています。グルタミン酸ナトリウムである、グルタミン酸ソーダは、体内で全てのグルタミン酸を遊離するわけではありません。



一部未分解のグルタミン酸ナトリウムが、脳組織の発達時に、環境ホルモン作用を起こしているのでないかと言われています。味の素は、生体への有害作用を起こしているのは間違いなく、環境ホルモン作用の症状例にもよく似ていると言われています。



味の素は、味覚を狂わせるとてもこわ〜い甘み調味料として、白いインベーダーとも言われており、脳細胞を破壊してしまう調味料なので、使用はあまりして欲しくないですね!!




スポンサード リンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。