So-net無料ブログ作成

味の素ほんだしは、危険!ニセモノのだしだった?! [食べ物]

スポンサード リンク





https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-06-PAK85_lalahaia-n20140321-thumb-1000xauto-16958.jpg




料理をする際に、だしを出すために、よく使用される「ほんだし」だが、本物のだしと勘違いしている人がたくさんいるようです。「ほんだし」という名前なのに、だしではないようです!


味の素「ほんだし」は、よく、主婦の方々が、本物のだしだとして、勘違いしている人がたくさんいるようです。名前からして、「ほんだし」と書かれていたら、だしだと誰だって思いますよね。



私もだしを買ってきてくれと言われたら、おもわず、味の素の「ほんだし」を買ってしまうほどですが、実は、「ほんだし」というのは、真っ赤なうそなのです。



よく考えると、本物のだしといえば、かつおぶしや昆布、しいたけなどを煮出したものからでてくるのが、だしになります。ところが、味の素の「ほんだし」には、つぶつぶの粉にだしが入っています。



「ほんだし」を利用する人にとっては、このつぶつぶの粉を別のものに例えると、インスタントコーヒーのような、お湯に溶かせば、だしがたくさん出てくるものと解釈している人が多いと思います。



この「ほんだし」には、かつお風味の調味料が14品目も入っております。その中に、化学調味料であるグルタミン酸ソーダや糖分、食塩などが入っています。



あれ?とおもうのが、本物のだしには、このようなものは、一切含みません。また、この「ほんだし」には、その他としてかつお濃縮エキスも入っています。



その他扱いがなんか、不思議ですよね。普通だったら、すべてがかつおぶし濃縮エキスであると思います。「ほんだし」の製造しているかつおぶし工場では、生かつおを最初に、グツグツと煮ます。



そして、その生かつおを煮込んだ大量の煮汁から出てくる、廃液を使って「ほんだし」が作られている。そのため、かつお風味の味にするため、味の素と塩と砂糖などを使用しています。



これが、「ほんだし」の正体になります。かつおのようなにおいをつけて、かつお風味のほんだしにしているわけです。


味の素は、日本農林規格(JAS)から許可をもらっており、かつお濃縮物が10%あれば使用してのいいことを許可をもらっており、その残りの9割は、ニセモノでもかまわないとのことです。



なんともかつおのだしかと思っていたものが、実は、ニセモノだったのは、少し残念ですね。しかも、味の素も使用されているのもびっくりしました。ほんもののだしは、かつおぶしや昆布、煮干し、しいたけを使用していただきたいものですね!これなら、本物の味に納得できるはずです!


スポンサード リンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。