So-net無料ブログ作成

マクドナルドのハンバーガーは危険!心臓病や脳卒中になりやすくなる?! [食べ物]

スポンサード リンク





https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-05-DB88_kuisugi15135631-thumb-1000xauto-15841.jpg



マクドナルドで販売している商品は、ポイズニング・アメリカ(毒を盛られるアメリカ)として、全面広告を出されたことがありました。マクドナルドの商品には、心臓に良くない緩和脂肪や悪い牛脂など利用していることをご存知でしょうか?!



ポイズニング・アメリカとして、ショッキングな大広告をだされた、マクドナルド。ニューヨーク・タイムズなどの全米主要15紙朝刊にいっせいに掲載されました。



そして、その広告主は、一体誰だったのかというと、全米心臓病救助協会(NHSA)という市民団体となります。NHSAは、マクドナルドの商品には、心臓に良くない緩和脂肪や悪い脂肪を使用していることを訴えました。



しかし、マクドナルド社は、それに対して、脂肪は少ないものを使用していると主張されました。よく動物性脂肪を摂取していると、心臓病や脳卒中、大腸がんなどになってしまう原因と言われるほどです。



また、植物油も摂取しすぎると、危険性があるともいわれるます。リノール酸系のサラダ油を使用していると、短命化や発がん促進、アレルギーなどが悪影響が現れます。また、骨粗しょう症の引き金にもなるともいわれています。



なぜ、骨粗しょう症になってしまうのかというと、血液が酸性に偏る食事をしていると、pHバランスが崩れてしまい骨からカルシウムが溶出してしまうことで、骨粗しょう症になってしまうようです。



マクドナルドで販売している、ハンバーガーの中身にある、ハンバーグは、実は、全部が牛肉ではないことをご存知でしょうか?!あるハンバーガーには、牛肉が20%を使用しており、その残りの肉は、他の肉を使用していると言われています。



その他の肉とはすごくきになるところですが、公開はされていませんが、もしかすると、乾燥食用ミミズを使用しているのではないかと噂も定かではないでしょう。



普段からマクドナルドでご飯を済ましている人は、今後味覚障害や精子激変などが起こってくると言われています。今やファーストフードは、すぐに食べれて、おいしく、安いと言われていますが、自分の体に悪影響になっていることを知ってほしいですね!


スポンサード リンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。