So-net無料ブログ作成
検索選択

日本ハム シャウエッセン特選ポークあらびきは、白血病になるリスクが9倍?! [食べ物]

スポンサード リンク




Green4_hahuhahu20141123125939500.jpg


子どもの頃からソーセージというものは、人気のある食べ物になります。そんなソーセージですが、AF2という猛毒殺菌料が添加されていることをご存知でしょうか?!


ソーセージには、AF2となる猛毒殺菌料が添加されているのです。それを調べていて、かなりのショックを受けてしまいました。


この猛毒殺菌料は、日本だけで使われた食品添加物となります。ネズミを使った実験では、この猛毒殺菌料を摂取させていると、ネズミに膀胱がんを多発させるなどかなりの毒性を持っており、社会問題になりました。



そして、消費者団体が猛反対で、反対運動を巻き起こさせました。それから、AF2の使用を禁止になります。現在のソーセージには、使われていませんが、ここで安心をしてはいけません。



子どもたちは、ウインナーが大好きなのは、よくききます。また、ウインナーソーセージが大好きな子もいるはずです。そんな子には、ウインナーを与えないほうがいいです。



なぜかというと、ソーセージアンドウインナーソーセージを食べさせると、白血病にかかりやすいリスクが高くなります。



1994年6月4日に、子どもを持つ親たちに衝撃的なニュースが舞い込んできた。それは、1ヶ月に12個以上のホットドッグを食べると、他の人と比べて、白血病にかかるリスクが9倍になることがニュースになりました。



それを調べたのが、カリフォルニア大学医学部の教授たちは、ロサンゼルス地区の白血病にかかった10歳未満の子どもたち約230人の食生活などを調べた結果、そのような事態になっていたことがわかりました。



白血病になっている原因は、ホットドッグ・ソーセージの加工肉を保存するために使われている、亜硝酸塩が、関係しているのではないかと考えられている。



いつも購入されている、ウインナーソーセージなどの包装表示をよく見ていただきたいです。そこに、発色剤として、亜硝酸Naが入っていたら、まさしく、亜硝酸塩となります。



亜硝酸ナトリウムと摂取すると、胃の中で、強力な発がん物質である、ニトロソアミンを生成されます。



妊娠中の女性や子どもを作る前に、ホットドッグを食べるのは、あまりおすすめしません。それは、一週間に1個でも食べてしまうと、一般の子どもと比べると、脳の病気になってしまうかのせいが2倍になってしまいます。



ソーセージには、猛毒殺菌料や亜硝酸塩などが入っていることで、白血病にかかってしまう確率が上がってしまったり、脳への腫瘍になってしまったりなど、実は、恐ろしい食べ物でした。


スポンサード リンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。