So-net無料ブログ作成
検索選択

大正製薬リポビタンDで、元気になる理由はなぜ? [飲み物]

スポンサード リンク




Green2_nebukuro20141123141817500.jpg


疲れていると、栄養ドリンクとして、リポビタンDを飲む人は、きっとたくさんいると思います。栄養ドリンクは、今や必須アイテムでもあり、現在、いろんな栄養ドリンクが発売されています。そんな、リポビタンDを飲んだことで、ファイト一発になる原因は、酔っ払いになっていました。主婦の方々に、夫がつかれたらどうするのか、アンケート調査がありました。その結果、1位となったのが、栄養ドリンクを飲ませることでした。ゆっくり休ませてあげるでなく、栄養ドリンクを飲ませる発想がすごいです。



主婦は、夫に栄養ドリンクを飲ませて、ゆっくり休ませることがないように光景が見えてきます。そんな、栄養ドリンクですが、市場では、医薬品だけで1800億円と言われているほどですが、飲料水も同じくらいの大正製薬。医薬品と飲料水を合わせると、なんと3600億円になります。



リポビタンDといえば、昔から変わらずのCM「ファイトー!イッパーッツ!!」なります。あのCMを内容を思い浮かべると、山を登ったり、川を渡ったりなどとにかく必死になっている2人連れですが、その時に、一発の力が欲しい時に飲んでいるCMになります。



CMをみていると、なにかファイトが一発出したい時にでも、飲んだらいいのか!っと思ってしまうようなCMですね。



そんなファイトとの時に、飲もうとなどの広告は、厚生省より好ましくない字句のため、禁止となっています。また、薬事法にも、疲労回復としては、扱ってはいけないリポビタンDになりますので、効能の禁止とされています。



リポビタンDを飲んでいると、なぜか疲れが取れたと錯覚があると思います。それは、添加のカフェインの覚醒作用になります。他にも、ひそかにアルコールも添加されているのです。



飲んで、次の日に疲れがとれたと思ったら、それは、ただの酔っ払っただけなのです。アルコールが1%でも入っていたら、酒類になり、酒税法にあたります。つまり、リポビタンDは、酒屋で売られてないといけないのです。



そんなリポビタンDで、以前事件がありました。それは、深夜のトラックの運転手が、眠気覚ましとして、栄養ドリンクを3本を購入され、高速道路を走っていました。しかし、疾走しているうちにトラックは、激突されました。



即死された、トラックの運転手の体から、アルコール検出され、警察は、酒気おび運転として断定されました。しかし、トラックの運転の同僚から、抗議をして、栄養ドリンクのアルコールが原因であることが判明されました。



ある製薬会社の社員曰く、栄養ドリンクは、原価は約3円と言われています。それを、販売している商品が3000円だったことには、本人も驚いたと言われています。リポビタンDも高いものであれば、500円で売られています。


栄養ドリンクは、すぐに飲めていいかもしれないですが、こういった危険性もあります。栄養分を補給するのであれば、錠剤で飲むことがいいかもしれないですね!!


スポンサード リンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。