So-net無料ブログ作成
検索選択

アース製薬ミューズは、手が荒れてしまうのはなぜ?! [洗剤]

スポンサード リンク




https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-06-PAK62_yukikauhito20140315-thumb-1000xauto-16821.jpg



家の洗面所には、必ず置いてあるハンドソープですが、1995年に病原性大腸菌「O-157」がはやったことがきっかけで、ハンドソープや薬用石鹸がかなり人気になりました。

ハンドソープや薬用石鹸などの商品を扱っている、P&Gですがその中で、一番ヒット商品と言われているのが、「家族をバイ菌から守る薬用石鹸 液体ミューズ」になります。



しかし、この石鹸ですが、化学物質だらけの石鹸といわれるものになります。なぜ、液体ミューズが売れているのでしょうか?



良い商品だからよく売れてるわけではないようです。以前P&Gから販売していた「薬用ミューズ」のCMがあるからこそ売れているようです。いろんなCMをやってきた「薬用ミューズ」は、バイ菌をテーマCMを行なっており、バイ菌がいるからこそ液体ミューズと売り込んでいます。



そして、最後の決め台詞は、ナレーションが語ります。
「薬用石鹸ミューズの殺菌成分がバイ菌の細胞に直接働きかけ、バイ菌から守る。薬用石鹸ミューズ。食中毒の予防にも手を洗いましょう」的なナレーションが流れています。



しかし、よく考えると、バイ菌なんてどこにいってもいるものです。ナレーションを語っているバイ菌を直接働きかけるとは、直接バイ菌をやっつける強い化学物質が入っているといっているようなものです。



そんな液体ミューズの成分表示を確認すると、びっくりするぐらい化学物質が入っています。例えば、トリクロサン・ジブチルヒドロトルエン・タール色素・ポリエチレングリコールが入っており、発がん性物質になります。



液体ミューズで、手をきれいに洗っていると思っている思ったら、化学物質を手につけまくっているのです。そして、洗った手で口に入ることもありえますので、気をつけていただきたいです。


また、エデト酸塩やパラベン、ベンジルアルコールなども入っており、皮膚や粘膜への毒性が指摘されている合成物質も入っています。



固形型ミューズよりもポンプ式が、あまりよくないといわれています。それは、イオン系の合成界面活性剤までも入っているのです。バイ菌と一緒に手の皮膚の細胞までも殺してしまうのです。



よく手が荒れてしまう人がいましたら、液体ミューズを利用しているのであれば、これかもしれないですね。手を洗うので心配の方は、無添加の純石けんでも十分といわれていますので、一度使ってみてはいかがでしょうか!


スポンサード リンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ショッピング

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。